専門委員会40周年記念シンポジウムの報告
─ 切削加工の科学とその展望 ─

切削加工専門委員会では,2016年度精密工学会春季大会第2日目の3月16日(水)の9:30~12:00にシンポジウム「切削加工専門委員会40周年記念シンポジウム─切削加工の科学とその展望─」を開催致しました.このシンポジウムでは,国内外の3人の著名な先生より,切削理論や切削現象の科学的な考え方に関して,以下の講演をして頂きました.当日は大勢の参加者があり,盛況なシンポジウムとなりました.

(1) Modelling and simulating chip formation in metal machining University of Leeds Thomas H C Childs
(2) 切削加工におけるクーラントの役割─MQL切削と高圧クーラントについて─ 東京大学 帯川利之
切削加工における残された課題─工具摩耗機構と仕上げ面生成機構─ 広島大学 山根八洲男